【東洋医学】ため息ばかり出る… そんな大人女性様へ

特集記事

あなたの周りによくため息をつく方はいませんか?

もしくは

あなた自身、よくため息をついてしまう…

そんなこと、ございませんか?

 ため息は「幸せが逃げる」とか
「周りを嫌な気持ちにさせる」とか

なんだかマイナスなイメージが多いですよね。

東洋医学の考え方のひとつに
「気・血・水( きけつすい )」という概念があります。

私たちの身体に備わる3つの要素の働きにより、各組織が正常に動き、心身の活動が営まれるという考え方です^^

こういった東洋医学の考えに基づいて考えると

「ため息の多い状態」は
「気」が滞ってしまっている合図

「気」の滞り=「気滞(きたい)」という状態で現れやすくなります。

◆ 気滞(きたい)

・ため息が多い
・呼吸がしにくい
・お腹がはる・ガスがたまる
・下痢や便秘を繰り返す
・喉がつまった感じがする
・不安・焦燥感が強い
・些細なことでイライラする
・寝つきが悪い 
・生理不順・PMS など

「気」というのは「元気」や「やる気」など

「エネルギー」のようなものだとイメージしていただけると分かりやすいかもしれません^^

川でイメージすると、気の量は「川の水」の量に相当します。
気の量が多く元気であれば、川の流れはスムーズなので食欲も便通も良好☆

川に流れ込んできた嫌なこと、病原体などもすぐに体外へ排出してしまうので、ストレスもたまりにくくなります。

鍼灸

ところが、体質や疲労の蓄積、食生活の乱れなどによって「気」が少なくなると食欲不振や息切れ、疲れやすさを感じたり、あれこれ考えてしまい、不眠や抑うつ状態が出てきます。

元気が出ず、自分を責めてしまう…

このように「気」が減ってしまった状態を「気虚(ききょ)」と呼びます。

そして、「川の水」が少なくなり、勢いがなくなる=(滞る)と、悪いものが身体に溜まっていきます。

この滞った状態が「気帯(きたい)」の状態です。

ヘッドマッサージ

《 気・血・水 》

それぞれ、減ってしまっているのか?
それとも、滞ってしまっているのか?

立川レディース鍼灸マッサージはるはるでは
お客様の症状に合わせてツボを選択し、施術にあたらせていただきます。

もし、最近ため息ばかりついてしまっている自分がいても

自分を決して責めないでくださいね!

まずはお身体の巡りをととのえましょう^^♪

お一人で頑張りすぎず、いつでもお立ち寄り下さい。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP